ザネラートのナイロン製ポスティーナとiPad Pro 11インチ

はじめに

どうもです。

 

仕事で「ちょっと」というか「かなり」疲れています。

 

「量」というよりは「質」というか「内容」。

 

なかなかスパッとしたアイディアが生まれてこない。

 

しかし、時は過ぎていく。正に時間との闘い。

 

「仕事する→家でお酒飲みながらYou Tube観る→寝る」の繰り返し。

 

コロナ禍だからストレス発散法もなかなか無いという。

 

まぁ、それも言い訳ですな。

 

楽しめる人はどんな時でも楽しめる・・・はず。

 

本題①:ザネラートのナイロン製ポスティー

そんなことを言いながら買い物はちょこちょこしてるんすよ。

 

これは高島屋のセールで買ったザネラートのポスティーナ。

 

f:id:stressmachine1:20210725201530j:image

 

郵便配達屋さんの鞄に着想を得ているから「ポスティーナ」という名前なんですな。

 

ザネラートの代名詞とも言えるモデルです(僕の知る限り)。

 

f:id:stressmachine1:20210725201809j:image

 

高島屋で最後の一つを50%オフで買いました。税込で4万円ちょっと。安い。

 

これ、ポスティーナ定番の革でもなく、ザネラートの有名なトートバッグの塩化ビニールでもなく、ナイロンの生地なのですよね。

 

ちょっと珍しい。

 

ザネラートって販売チャネル毎に別注モデルの様なものを出している。

 

なかなか賢い戦略と思います。

 

バーニーズでは同じ柄だけどトートの生地で作られたポスティーナがセールになっていました。

 

そちらの方がしっかりとしていて値段も高いです。

 

でも敢えてナイロンの方が軽くてカジュアルで普段使いもしやすいし良いかなと思いました。

 

最近は仕事もカジュアルOKになってきたので、その日のウェア次第では使えそう。

 

ザネラートのこの波の柄、個人的には結構好きです。

 

ポスティーナって取っ手がちょっと変な位置に付いているんですよね。

 

フラップの後ろの方なのです。

 

だから手で持つと凄くバランス悪いです。

 

僕は肩紐を一番短くして肩掛けにしています。

 

車に乗せた感じ。


f:id:stressmachine1:20210725201526j:image

 

PCとiPadを入れて。


f:id:stressmachine1:20210725201518j:image

 

夏場のゴルフなんかもこれで行っちゃおうかな。

 

もう普通に気に入っちゃっています。

 

本題②:iPad Pro 11インチ

新聞を電子版にしたので(今更かい!)、iPadを買いました。

 

これまでに買ったiPadはいつの間にか家族の物になりました・・・。 

 

ずっと欲しかったのですよね、自分用が。

 

手書きでノートとか取りたいし。

 

モデル的には正直僕なんかiPad Airでも十分なんですよね。

 

iPad AirもProと同じ狭額ベゼルになることが分かっていたので、新型Airが出た時点でそれにしようと思ったのですが・・・。

 

気付いたら最新のProを買っていました。


f:id:stressmachine1:20210725201656j:image

 

Proにした最大の理由は、実はAirとそこまで値段差が無かったことですね。

 

同じ記憶容量だと2万円も違いません。

 

それでいてProは、

  • M1チップ搭載(自分は多分その力を使わないであろうことを認識しつつも)
  • フレームレートが倍(手書きの追従性も高い→気づかないレベルではあるものの)
  • 画面の輝度が高い(これは嬉しい)
  • スピーカーが良く上下方向の両側に付いている(音楽好きには相当価値ある)
  • カメラが高性能(LiDAR搭載→僕はiPadで写真は撮らないけど)

 

正直僕的には2万円の価値は十分にあるかなと判断しました。

 

ケースはOtterのSymmetry 360 Elite。


f:id:stressmachine1:20210725201659j:image

 

純正のSmart Folioに比べて1,000円安い。Apple Storeで買えます。

 

裏にペタッと磁石で貼り付けるSmart Folio と違ってきちんと四隅を守ってくれる構造。これが決め手になりました。


f:id:stressmachine1:20210725201522j:image

 

なかなか質感もよろしい。


f:id:stressmachine1:20210725201653j:image

 

やはりあんまり安いケースにはしたくない(単なる見栄です)。

 

当然Apple Pencil(第二世代)も買いました。


f:id:stressmachine1:20210725201515j:image

 

iPadにキーボードはいらないタイプです(重くなるし、どうせPCあるし)。

 

保護フィルムは評判の良いこれ。


f:id:stressmachine1:20210725201534j:image

 

ザラザラし過ぎていないのでペン先の摩耗もそこまで気にならなそうだし、貼る事による画質低下もそこまで気にならないレベル(せっかくPro買って画質が曇った感じだとがっかりする)。

 

二ヶ月近く使ってもう快適極まりないです。

 

OtterのケースはApple Pencilも落ちにくい。


f:id:stressmachine1:20210725201537j:image

 

かつてiPad Mini (第二世代)で手書きの反応の遅さに閉口したのも今は昔。

 

これはもう本当に紙に書いているのと変わりません。

 

iPhone 12 Miniで雑誌を読んでいた不便さも解消されたし、DJアプリも使って楽しんでいるし、将棋アプリも大画面で出来るしで言う事なしですよ。

 

もっと高度な使い方もしたいけど。

 

とりあえず所有欲は完全に満たされています。

 

本日の一曲

Bandcampでディープハウスの楽曲を買うのがマイブームになっています。

 

iTunesでは買えないような更にマニアックなリリースに出会える。

 

フランスのレーベル「Houseum」系列が最近のお気に入りです。

 

 

 

本日の一本

Buffalo Trace蒸留所のブランドであるEagle Rare。

 

f:id:stressmachine1:20210725225849j:image

 

10年ものなのに価格は5千円以下。

 

味は絶品です。

 

適度な甘さとスパイシーさのバランスが素晴らしい。

 

チェリーやアプリコットの様な果物系の味わいも感じます(もちろん表現であって本当に入っているわけではありません)。

 

超お気に入り且つお勧めなバーボンです。

 

ー 終 ー

GUY ROVERのポロシャツ

 

本題: GUY ROVERのポロシャツを買う

前からと言っても、ちょっと前からではなく、もう数年以上も前から買おうか迷っていたのですが、ついに買いました、GUY ROVERのポロシャツ。

 

こいつです。

f:id:stressmachine1:20210607000512j:image

 

ユナイテッドアローズ別注です。

 

だもんでタグも通常のGUY ROVERとは違います。
f:id:stressmachine1:20210607000506j:image

 

LacosteとかFred PerryとかPolo Ralph Laurenとか、定番は色々ありますが、何故GUY ROVERが気になっていたかというと。

 

どれも単純な鹿子ではなく、独特な織の生地なのです。


f:id:stressmachine1:20210607000515j:image

 

そして、シャツのメーカーらしく襟の開きも立体的。


f:id:stressmachine1:20210607000502j:image

 

後ろもシャツの作りになっていて肩ヨークがあります。


f:id:stressmachine1:20210607000509j:image

 

ここは好き嫌いが分かれるところかもしれません。

 

この肩ヨークに依るところもあるのか、肩のシルエットはちょっと角張っています。

 

そこも好みが分かれそうな気がします。

 

今回このシャツを買うか少し考えたのは、かなり透け感のある生地だったこと。


f:id:stressmachine1:20210607000519j:image

 

完全に向こう側が見えています。

 

シャツを着た時にビー○クが分かるのを妻が極端に嫌うのでそこが心配。

 

でも、ピッタリし過ぎないサイズを選んで中にTシャツなどを着れば大丈夫です。

 

ボタンを含め、全てに上質感があり、少し上の年齢の方に合うポロシャツだと思います。

 

本日の一曲

 

最近Houseumというフランスのディープハウスのレーベルにハマっています。

 

ローテク、ローファイなサウンドでいいんですよねぇ。

 

この曲も最高過ぎる。SoundCloudでも聴けます。

 

 

なんか他にも書きたいけど、ストレスフルで書けなーい。

 

しばらく細切れで。

 

ー 終 ー

 

 

バルバッコアでシュラスコのお持ち帰り

 

本題: バルバッコアのお持ち帰り

コロナで、更に緊急事態にもなって。楽しめることが本当少ないですよね。

 

まぁ結局「食べること」みたいになるのだけど、外食もあまり行けないですからね。

 

但し、内食もメニューを考えるのが大変で、妻のストレスも溜まるわけですよ。

 

そんな時、バルバッコアのテイクアウトはなかなか良いですよ。

 

http://barbacoa.jp/share/images/pdf/takeout_link.pdf

 

そもそもブラジル料理シュラスコって日本でなんでこんなに市民権を得たのか、不思議な気もします。

 

コロナ前は本当にいつも混んでいたものね。

 

日本人ってキャプテン翼ではないけどなんかブラジルに親近感があるみたい。

 

あんなに離れた国なのに。

 

勿論大勢の日本人が移民したというのもあるけど、それ以外の文化的な要素もありそう。

 

明るい国民性だし、食べ物も基本美味しいし、ボサノヴァの様な音楽文化もあるし。

 

僕も好きです、ブラジル。

 

シュラスコ屋を最初にメジャーな形で日本に持ち込んだのはおそらくコーヒーのUCCで、渋谷にバッカーナという大型店を開店しました。

 

しかし、バッカーナはその後様々な変遷があり、今は日本のシュラスコ界の頂点に君臨するのはバルバッコアですね(何をもってして頂点とするのかというのはありますが)。

 

本店はブラジルのサンパウロにあります。

 

そのバルバッコアのシュラスコセットBが4人家族には丁度良い感じ。

 

シュラスコは本来串刺しになった肉の塊をテーブルまで運んできてくれて、そこでスライスして貰ったものを食べるわけですが、テイクアウトではステーキ状態になっています。

 

これは最も人気があるであろう部位のピッカーニャ(イチボ)。


f:id:stressmachine1:20210503200307j:image

 

肉と脂のバランスが良いのですよね。

 

僕は食べ物が足りないのが異常なまでに嫌いなので、追加でピッカーニャをもう一つ頼みました。


f:id:stressmachine1:20210503200300j:image

 

アルカトラはランプ肉。


f:id:stressmachine1:20210503195947j:image

 

そして、サーロイン。


f:id:stressmachine1:20210503200319j:image

 

もっちりとしたチーズパンのポンジケージョ。


f:id:stressmachine1:20210503195957j:image

 

ミスドのポンデシリーズはこれから名前を取ったのでしょう。

 

定番の焼きパイナップル。


f:id:stressmachine1:20210503200314j:image

 

焼くことで甘みが増して酸味は弱まる。消化を助けてくれそう。

 

シュラスコは大体いつもソーセージとチキンから始まるのです。


f:id:stressmachine1:20210503212300j:image

 

僕はジューシーなチキンが好きです。


f:id:stressmachine1:20210503200310j:image

 

左上はシュラスコで最も一般的な玉ねぎとビネガーのソース。お肉をさっぱりと食べられます。

 

左下は醤油ベースのソース。

 

右上はドレッシング。

 

右下はブラジルのチリソース。

 

サラダもガッツリ付いてきます。お店だとサラダバーなのですが。


f:id:stressmachine1:20210503195938j:image

 

並べてみるとこんな感じ。


f:id:stressmachine1:20210503200326j:image

 

食べやすいように切る。


f:id:stressmachine1:20210503195943j:image

 

焼き加減はミディアムな感じですね。


f:id:stressmachine1:20210503200304j:image

 

ブラジルのパンは基本フランスパン系なので。

 

これはパン屋さんで買ってきましたが、ブラジル人も家でシュラスコの場合はお肉を挟んで食べたりします。


f:id:stressmachine1:20210503200323j:image

 

美味い。


f:id:stressmachine1:20210503195951j:image

 

お店で食べるのが勿論一番なのですけどね。

 

こんな感じで。

 

f:id:stressmachine1:20210504190608j:image
f:id:stressmachine1:20210504190612j:image

 

でも、赤身肉を十分に楽しめました。

 

本日のサブスク話: You Tube Premiumについて

ここからは毎度の余談なのですが、最近またサブスクも少し見直していて、あまり観ないAbemaプレミアムは解約しました。

 

その代わりというわけでもないのですが、You Tube Premiumに入会しました。

 

サブスクって入るのちょっと悔しいですが、これはいいですね。

 

1,180円の価値を感じます。

 

広告が無いって本当に快適です。

 

普通のYou Tubeチャンネルは当然のこと、音楽のミックスを再生する時なども広告で途切れず本当に良いです。

 

しかも、スマホでバックグラウンド再生もしてくれるので、You TubeでDJミックスを流しながら他のアプリを使うことも出来てしまいます。

 

最近はテレビより圧倒的にYou Tubeの方を観ていますから。

 

最近のサブスクの中では一番入って良かったと思います。

 

本日の一曲

ガツンといけるアッパーな曲。

Squelch

Squelch

  • TDR
  • エレクトロニック
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 

ー 終 ー

 

 

麻布テーラーのワイシャツ

 

本題: 麻布テーラーのワイシャツを購入

ワイシャツだけを買いに行くって結構面倒くさい。

 

そこで、僕は年に2回、1月と7月にある麻布テーラーのパターンオーダーシャツフェアでオーダーすることにしています。

 

二着で16,000円+税。

 

自分のサイズが分かっているのなら、後は好みの生地が見つかったら、襟やポケットの形、ボタンなどを選択していくだけなので割と楽チンです。

 

仕上がりに70日くらいかかるので、緊急な時はダメですが、予めこの時期に発注すると自分の中で決めておけば待つのもあまりくになりません(忘れた頃に出来ます)。

 

今回は1月に4着をオーダーしました。

 

f:id:stressmachine1:20210316203357j:image

 

僕なりの拘りもいくつかありまして・・・

 

ノータイのことも増えてきているので、襟はネクタイをしなくても広がり過ぎない丸襟とボタンダウンにしています。

 

だらっと襟が広がるのはやはりカッコ悪い。

 

ワイドカラーなども好きなのですが、そういう理由で今は避けています。

 

丸襟は周りと被りにくく、柔らかい雰囲気が出るので勝手に自分の個性と思ってボタンダウンでないものは殆どこれにしています。

 

www.azabutailor.com

 

前立部分ですが、ボタンダウンは全て『表前立て』、丸襟は全て『裏前立』にしています。

 

www.azabutailor.com

 

また、胸ポケットの形も丸襟は丸型、ボタンダウンは角形にしています。

 

勿論ポケット無しにも出来ます。

 

その方がエレガントですね。

 

でも、僕は結構胸ポケットにスマホ入れるので。

 

一つ冒険だったのが、クレリックの襟をボタンダウンにしたこと。

 

f:id:stressmachine1:20210321103437j:image

 

店員さんにも「あまり一般的ではないけどいいですか?」と聞かれた。

 

クレリックボタンダウンってどちらかというと低価格なシャツに多い。

 

でもクレリック&丸襟の手持ちが増えたので、敢えて挑戦してみました。

 

結果、そんなにおかしくはないかなと(勝手な結論)。

 

f:id:stressmachine1:20210316203401j:plain

 

先日入手したタイも合わせてみる。 


f:id:stressmachine1:20210316203354j:image
f:id:stressmachine1:20210316203350j:image

まあよろしいのではないでしょうか。

 

本日の一曲

今更ですが、ハリウッドの実写版「Ghost In The Shell」をAmazon Primeで観ました。

 

ゴースト・イン・ザ・シェル (字幕版)

ゴースト・イン・ザ・シェル (字幕版)

  • 発売日: 2017/06/23
  • メディア: Prime Video
 

 

もろ「ブレードランナー」的世界観ですが、凄く良かったです。

 

個人的にはMatrixシリーズより好きかも。

 

何故かそこから大昔の角川アニメの「幻魔大戦」を思い出し・・・

 

幻魔大戦 [DVD]

幻魔大戦 [DVD]

  • 発売日: 2003/01/01
  • メディア: DVD
 

 

そのサントラを手掛けたキース・エマーソンを思い出し・・・

 

キース・エマーソンが所属していたELPの1973年のアルバム「恐怖の頭脳改革」を思い出し・・・

 

恐怖の頭脳改革

恐怖の頭脳改革

 

 

その一曲目がこれです(笑)

 

 

プログレッシブロックという複雑で先鋭的なロックジャンルがチャートを賑わした時代のものです。

 

ELPはロックバンドなのにギターがいなかったという。

 

このアルバムは今や落ちるところまで落ちてしまった小室哲哉氏もかなり昔に雑誌で好きだと語っていました(本格的なTKブームが訪れる前の話)。

 

小室氏がやたらとシンセを積み上げるセットアップで当時ライブをしていたのはキース・エマーソンの影響ですね。

 

本日の一本

Old Grand DadのBondedです。

 

サントリーが所有するビーム社が製造しています。

 

f:id:stressmachine1:20210321140141j:image

 

Bondedとは、100プルーフ(アルコール度数50%)以上あって4年以上寝かせたという意味ですね。

 

口に含んだ瞬間に少しシロップの様なネトっとした独特な粘度と甘みを感じます。

 

これが凄くいい。

 

後味は逆にスーっとした辛みに転換していく。

 

香りは焦したオークと僅かなバーボン特有のセメダイン臭を感じますが、あまり大きな特徴はありません。

 

香り:  ★★

味わい: ★★★★★(甘め)

複雑さ: ★★

重さ:  ★★★

総合:  ★★★★★

*完全に好みと独断に基づくものです

 

本日の一言

人事異動で4月から仕事が変わることに。

 

何度経験してもちょっとドキドキしますな。

 

 

 

stressmachine1.hatenablog.com

 

 

stressmachine1.hatenablog.com

 

ー 終ー

 

Stefano Bigi/BarneysのネクタイとRototoのソックス

 

本題①: Stefano BigiとBarneysのネクタイ

 

コロナ → 在宅 = ネクタイあんまりしなくなる。

 

且つ職場の服装も時代か段々自由になってきました。

 

でもネクタイまだするんですよね、私の場合。

 

引退選手が何本か出てきたので、少し買い足しました。

 

f:id:stressmachine1:20210303230827j:image

 

右がBarneysオリジナル。

 

左はESTNATIONで買ったStefano Bigiです。

 

f:id:stressmachine1:20210303230808j:image

 

Stefano Bigiは最近セレクトショップで良く取り扱われていますね。

 

どういう風の吹き回しか妻がESTNATIONで買ってくれました。

 

僕はStefano Bigi初めてだったのですが、とっても締めやすいですね。好印象です。

 

f:id:stressmachine1:20210303230822j:image

 

今回は買っていないですが、フランスのBreuerも好きです。

 

Barneysはポチったのですが、思っていたよりも明るい青でした。でも、許容範囲。

 

ここら辺がネットショッピングの難しいところですね。

 

無地のネクタイも大好きです。

 

赤の無地も持っているのですが、最近はトランプ元大統領みたいになってしまうのであまりしていません。

 

本題②: ROTOTOのソックス

 

コロナ → 在宅増える → カジュアルソックスを増やす必要が生じるの法則です。

 

カジュアルソックスはクッション性のある厚手のものが好きです。

 

ユニクロもいいけど、ちょっと良いものが欲しくなりますね。

 

六本木ヒルズユナイテッドアローズで買いました。

 

f:id:stressmachine1:20210303230813j:image

 

メイドインジャパンです。

 

2,000円ちょっとしました。

 

f:id:stressmachine1:20210303230817j:image

 

普通にいい感じです。

 

本日の一曲

 

この人の曲は殆ど全て長さが2分足らず。

 

最近良く見ているバーボンのYou Tubeチャンネルで使われていて気になりました。

 

シンセストリングスとチョッパーベースの組み合わせがいい感じです。

 

動画のバックグランドミュージックとして使われることを意識しているからこの長さなのかなぁ。不思議。

 

スウェーデンの人です。

 

Sigma

Sigma

  • Crystal Shards
  • エレクトロニック
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

本日の一言

 

コロナで旅行とか出来ない分、実はアメリカで車が売れているという話がありますね。

 

自分も車買い換えたいなぁ。

 

キャディラックのXT4、格好良く無いですか?

 

コンパクトSUVで4気筒、2リッターですが、この車の場合、逆にコンパクトにバランスが取れた感じがいいですね。

 

それでいてフロントは少し厳つい感がありますし。

 

左ハンドルで今の車よりは車格があるので妻の反応はイマイチです。

 

先立つものも必要だし。

 

 

 

ー 終 ー

 

麻布テーラーでスーツを作った

 

本題(麻布テーラーのスーツ)

スーツ作りました。

 

麻布テーラーで。

 

f:id:stressmachine1:20210214210301j:image

 

既製も良いのですが、気に入るものを探すより作ってしまった方が早いところもありますね。

 

今回は6万円の生地で、オプション入れて6万7千円+税でした。

 

生地はイタリアのAngelicoです。

 

麻布テーラーはパターンオーダーで、モデルが3つあります。

 

ここ最近はJet Cruiseという細身のモデルで作っていたのですが、今回はContinentalにしてみました。

 

www.azabutailor.com

 

このモデルの特徴は上ボタンの位置が低いこと。

 

f:id:stressmachine1:20210214210323j:image

 

仕上がってみると僕的にはちょっと低過ぎたかも。

 

次は違うモデルにするかもしれません。

 

生地はブルーグレーの様な落ち着いた色で、控えなストライプが入っています。

 

f:id:stressmachine1:20210214210350j:image

 

生地の柄を選ぶのって結構難しいですよね。

 

太いストライプなどを選ぶと昔の契約更改の時のプロ野球選手の様になってしまいます。

 

普通のリーマンは派手過ぎない生地の方がなんだかんだ無難なものに仕上がるでしょう。

 

僕が拘るオプションは2つだけ。

 

一つは本切羽。

 

f:id:stressmachine1:20210214210404j:image

 

もう一つは裏地のキュプラ。

 

f:id:stressmachine1:20210214210418j:image

 

やっぱりポリエステルよりキュプラの方が柔らかくて着心地が良いです。

 

ステッチを全体に入れるのも良いとは思うのですが。

 

実際に手縫いなわけではないので・・・。単なる飾りになってしまう(ので今のところはやめています)。

 

早く手縫いのスーツを買える様になりたい。

 

上着のフィット感は80点くらい。

 

結構難しいんですよね。

 

パンツは100点。

 

全体的には満足に近いです。

 

それでは、仕事頑張ります。

 

本日の一曲

初期Richie Hawtin。勢いのあるアシッドチューン。名曲です。

 

Overkill

Overkill

  • Circuit Breaker
  • テクノ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

また、このRichieのドキュメンタリーが秀逸です。

 

特にデビュー前の話など、僕も知らないことが多かった。

 

 

 

本日の一本

f:id:stressmachine1:20210217210153j:image

私の晩酌は基本ビールとバーボンです(最近は毎日家で飲んでいる・・・汗)。

 

このEvan Williams Bottled-In-Bondは御手頃価格(2,500円くらい)でありながら最高に美味い。

 

本場で評価が高いのも肯けます。

 

今までのバーボンで僕が味わったことが無いくらいのスッキリとした飲み口。

 

それでいてまとまった滑らかさもある。

 

口に含んだ瞬間から後味までスーッと何の引っ掛かりも無く爽やかで滑らかな味が持続し、消えていく。

 

ノーズはブラウンシュガー、フレンチトースト、キャラメルを感じる香ばしくて甘い香りです。

 

濃厚で複雑な味わいを好む人には向かないかも(ワインで言うところのフルボディでは無く、ミディアム/ライト)。

 

Bottled-In-Bondは最低4年間は熟成されている100プルーフ(アルコール度数50%)以上のバーボンの意味です。

 

まがいものが多かった時代に出来た基準の様です。

 

香り:  ★★★★★

味わい: ★★★★★

複雑さ: ★

重さ:  ★★

総合:  ★★★★★

*完全に好みと独断に基づくものです

 

本日の一言

木造戸建ての我が家。

 

夜遅く、バーボンを傾けながら大きな音で音楽を聴きたいがカミさんに怒られる。

 

デカい防音室のある家に引っ越すのが夢です。

 

ヘッドホンで聴けよって話もありますが。

 

ー 終 ー

 

BEGG & Co のマフラー

 

本題 (BEGG&Coのマフラー)

この冬、ポチりが止まりません。

 

BARNEYSから届きました。

 

f:id:stressmachine1:20210130162005j:image

BARNEYSは会員にならなくてもAMAZON PAYで払って住所も指定できるのが凄く便利ですね。

 

中身は・・・

 

マフラーです。

 

f:id:stressmachine1:20210130162053j:image

 

リーマンにとって冬場の通勤着で唯一個性を出せるのがマフラーかもしれません。

 

古くなって引退していくマフラーを考えると1シーズンに一つ、あるいは2シーズンに一つくらいは買い足したい。

 

因みにネクタイやマフラーはセールで十分と考えるタイプです。

 

セールだからと言って変なのしか残っていないということがないからです。

 

近年日本でよく見かけるBEGG & COです。


f:id:stressmachine1:20210130162049j:image

 

元値は何と税込みで49,500円!


f:id:stressmachine1:20210130162042j:image

 

でも僕は安くなっているのを見つけ税込み16,500円で買いました(何と67%オフ)。

 

しかし、何故か値段が再び上がっている。

 

onlinestore.barneys.co.jp

 

実物を見ないで衣服を買うのって少々勇気入りますね。

 

COVIDでセール日に実店舗に行き難いので仕方ないのですが。

 

実際に届いてみると、このマフラー凄い幅広。


f:id:stressmachine1:20210130162045j:image

 

そして凄く地厚。


f:id:stressmachine1:20210130162031j:image

 

長さは普通のと同じくらいあるのですが、あまりに地厚なため巻き辛いです・・・(汗)

 

だから売れ残ったのか?

 

そうは言いつつこのゴワッとした感じを僕は凄く気に入っています。

 

これで通勤用に3本のローテーションが組めました。


f:id:stressmachine1:20210130162035j:image

 

真ん中はDRAKE'S、後は何だったかな(昔BARNEYSの店舗で買いました)?

 

あ、そうだ。

 

もう一つ買いました。


f:id:stressmachine1:20210130162039j:image

 

SHIPSのセールで。ダウンの首巻です(これもマフラーと言うのか?)。

 

元値も5,000円程度だったのですが、セールで3,000円を切っていました。

 

ナイロンなので巻いても緩んできてしまうのが玉に傷。

 

これで4本のローテーションかな。

 

本日の一曲

荒々しいDnB。素晴らしい! 

 

Jupiter

Jupiter

  • provided courtesy of iTunes

 

本日の一言

やっと子供達の受験も終わったのに今度は習い事でお迎え。

 

コロナで飲み会もないし、子供達との時間にもなるので良いのだけど、いつまで続くのか・・・

 

帰宅しておちおちお酒も飲めない。

 

ー 終 ー