夏の準備: KEENのニューポートを買った

KEENのニューポートH2を買った

僕がまだ若かった頃。米国旅行に行った両親に「ナイキのサンダルを買ってきて欲しい」と言ったらKEENのニューポートを買ってきました・・・

 

お店の人が「今はこれだと」と言ったとか。

 

その頃はまだKEENが(少なくとも本格的には)日本に上陸する前で僕も知らなかったので、最初見た時は思わずガッカリしてしまったのですが、結局それから15年くらいは履きました。

 

これはもう最高の商品。間違い無いです。

 

履き心地、丈夫さ、全ての面で優れています。

 

持っていたのがついに壊れたので、夏を前に買いました。

 

f:id:stressmachine1:20220507164627j:image

 

しっかりとしたトウガードがつま先を守ってくれるので、ゴツゴツとした岩がある川辺など、どんなシチュエーションでも履けます。

 

足へのフィット感が素晴らしいので踵を潰してつっかけのようにして出掛けても問題ありません。

 

ショートソックスを履いてもアメリカっぽくて良い感じです。

 

ジーンズやチノパンにも合います。


f:id:stressmachine1:20220507164639j:image

 

ニューポートはステッチにカラー糸が使われていたりするのですが、これは「トリプルブラック」という色で全てが黒になっています。

 

本来黄色なKEENのロゴも黒。


f:id:stressmachine1:20220507164631j:image

 

ソールもガッチリ。


f:id:stressmachine1:20220507164633j:image

 

長く使ってもへこたれません。

 

今年の夏は沖縄に行く予定。なんだかんだコロナもあったので4年振りの旅行です。

 

そして、もう一つのサンダルの定番はTeva。


f:id:stressmachine1:20220507164636j:image

 

汚い写真ですみません。

 

相当前にハワイで買いました。

 

90年代をアメリカで過ごした者としてはサンダルと言えばTeva(勝手な思い込み)。外すことが出来ません。

 

今年は楽しい夏にしたいです。

 

本日の一曲

時々チルアウトで心をリセットするのも良いですね。

 

Saving My Love

Saving My Love

  • Chris Malinchak
  • ハウス
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

ー 終 ー

 

木更津アウトレットでFelisi買った

Felisiのトート(仕事用)

僕はコロナ禍でも基本毎日会社に行っています。

 

会社の中でも行った方が仕事が捗る職場にいるからなのだけど。

 

異動する前は週2回くらいは在宅勤務をしていました。

 

そんな僕が通勤に最近使っていたのが、TUMIのアルファシリーズのエクスパンダブルブリーフ。

 

f:id:stressmachine1:20220504105813j:image

 

元々は海外出張用に買ったのですよね。


f:id:stressmachine1:20220504105823j:image

 

丈夫で収納力があって便利。

 

エクスパンダブルなのは出張では本当に重宝する。


f:id:stressmachine1:20220504105815j:image

 

でもとにかく重い。

 

冷静に考えたら肩こりの一因になっている気も。

 

なんでこんな重いものを毎日持ち歩かなければいけないのか。

 

ゴールデンウィーク、特段の予定もなくだらだらと過ごしていましたが、何の気なしに妻を誘って木更津の三井のアウトレットに行ってみました。

 

そこでこちらを購入。f:id:stressmachine1:20220504105810j:image

 

Felisiのトートです。

 

14/26というモデルですね。

 

やっぱりTUMIと比べたらめちゃ軽い。

 

マチもそこそこあります。

 

PCプラスお弁当箱も入るかと。

 

僕、最近お弁当持って行っているのですよね。

 

社会人20年以上やって初めてです。まさか自分がお弁当を持っていくことがあるとは。

 

しかも、一応自分で作っています。

 

実はそれが結構楽しい。まずい食堂で食べるより良いし、コンビニももう飽きたし。

 

f:id:stressmachine1:20220504105818j:image

 

閑話休題、仕様に戻るとトートと言っても上にジッパーついていますから。雨の日も大丈夫。

 

素材はビニールです。

 

傷があまりつかなさそうなタイプ。


f:id:stressmachine1:20220504105821j:image

 

値段は4割引で4万円切りました。

 

アウトレットって広いから回るの大変。掘り出し物をもっと探すためにはかなりの時間が必要ですが、犬が家で待っているのでそこそこで切り上げて帰りました。

 

アウトレットも一年に一回くらいだったら楽しめるかも。

 

ACTUSでお皿も買えたし。

 

妻は半年に一回くらいでも楽しめるとのこと。ZUCCAのワンピースなどを買っていました。

 

因みに、15年前くらい前に買ったFelisiの1772。

 

 

クタクタ&ヨレヨレだけどまた使ってみようかな。

 

T-Falのスチーマー使ったらシワが少し取れました。

 

これまた10年は愛用したと思うhinnのシュリンクレザーのブリーフ。

 

 

シュリンクレザーが世の中的にも流行り出した頃のもので、傷がつかず凄く良い鞄と思いました。

 

しかし、hinnというブランド自体が今は風前の灯な感じです。

 

hinn.jp

 

昔は原宿に店舗も構えていたのに。

 

ブリーフケースってなかなか良いのがなくて難しいのですよね、僕的には。

 

探索はまだ続く。

 

余談

GWに入る前は特に遠出のプランもないし、落ち着いてあれこれ仕事でもしようかなと思っていましたが、最初の5日は全くしないまま過ごしました。

 

気持ちがいかに仕事から離れているか。

 

元々追い込まれないとやらないタイプだし。

 

6日目でようやく重い腰が上がりました。

 

これまでは週末・休日関係なく仕事をすることも多かったのですが。

 

心境の変化があるのか。

 

本日の二曲

ミニマルテクノの中ではHertzが秀逸だと思います。パンチとグルーブ感の効いたリズムが超好み。これに勝るものはなかなか無い。

 

Zync 27 (A) (Elevation)

Zync 27 (A) (Elevation)

  • Hertz & Johan Bacto
  • テクノ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes
By Myself

By Myself

  • Hertz
  • テクノ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

 

stressmachine1.hatenablog.com

 

ー 終 ー

 

何十年振りかに買ったEVISUと羊だらけのシャツと

 

EVISU Lot 2000 Tiger Preshrunk Indigo Stech

 

Kindle Unlimitedでデニム関係の雑誌読んでいたら急にジーパンが欲しくなりました。

 

リーマンな僕は週末くらいしか穿けないのだけど。

 

EVISUがセールやっていたので代官山にGo!

 

思えばEVISUはレプリカジーンズのブームに火をつけたブランドの一つ。

 

正にパイオニア的存在。

 

当時は他にはDenimやSugar Caneなどが人気でした。

 

その後国内でも物凄い数のデニムブランドが出てきてEVISUの影も少し薄くなったかなと感じていましたが、また欧米ラッパーなどが愛用したことで海外から人気が再燃している様ですね。

 

いつの間にか社長も息子さんになっていてブランドイメージも少しモダンになった気がします。

 

今回買ったのはLot 2000。EVISUの伝統的なモデルの一つ。股上が浅めで少し細身な方のストレート。

 

f:id:stressmachine1:20220417162627j:image

 

かつてはダボっとしたシルエットのLot 2001を2着持っていました。

 

長年の着用でハードに色落ちしましたが、ダボっとしたものを穿くことももう無いだろうと考え断捨離してしまいました(取っておけばよかったかな)。

 

さて、今回買ったのは、ステッチがインディゴの面白いモデルです。

 

ステッチが目立たないのでブラックジーンズの様な雰囲気があります。


f:id:stressmachine1:20220417162629j:image

 

経年して色落ちしてきたらどの様な感じになるのかちょっと楽しみです。

 

生地はタイガープレシュランクで、既に縮んだワンウォッシュの状態で売られています(EVISUはワンウォッシュで売られているものは追加の加工賃が取られるという珍しいシステムになっています)。

 

少し青が強い色味です。EVISUは緑色っぽい色落ちをするのですが、これはもっと青っぽく色落ちすると店員さんは言っていました。

 

インディゴスティッチのサイズは2インチ刻みなので、30インチを購入。


f:id:stressmachine1:20220417162619j:image

 

僕のウエストにはかなりパツンパツンでしたが、ワンウォッシュの場合はそこから生地が伸びるので大丈夫。むしろ緩いのを買うと後悔する。

 

バックポケットのカモメペイントは黒にしてみました。


f:id:stressmachine1:20220417162621j:image

 

黒田とあまり目立ちません。


f:id:stressmachine1:20220417162632j:image

 

これも経年でどうなるか。


f:id:stressmachine1:20220417162624j:image

 

自分もいい歳になってきているのであまりはしゃいだ色にはしなかった。

 

同じくEVISUのでこぼこしたGATAGATA生地ほどではないものの、いかにもタテ落ちしそうな感じで愉しみです。

 

次はBIG JOHNのRAREあたりが欲しい。

 

でも、色落ちさせるくらい穿きこむ時間がないよなぁ。

 

そこが悩みです。

 

Brooks Brothersのシャツ

 

しばらく前なのですが、シャツを買いました。

 

f:id:stressmachine1:20220213173357j:plain

 

ネットでポチなのですが。

 

Brooks Brothersでセールになっていたのです。

 

サイズ感は分かっているので、安心してポチれます。

 

f:id:stressmachine1:20220213173408j:plain

 

ゴールデンフリースがやたらと刺繍されています。

 

f:id:stressmachine1:20220213173405j:plain

 

妻からは「羊を数えて寝てしまいそう」と言われました(苦笑)。

 

でも個人的には気に入っています。

 

セール品ハンターではないのですが。

 

でも安く買えるのならその方が良いかなとも思います。

 

最近は定番品がセールになることが多いですからね。

 

本日の一曲

 

最近急にピンクフロイドが聴きたくなりました。正にクラシックとも呼べるライブアルバム。ロジャー・ウォーターズはいませんが、デビッド・ギルモアの声も良いです。

 

ピンクフロイドのコンサートに行っていないのは人生の後悔の一つですね。

 

Wish You Were Here

Wish You Were Here

  • provided courtesy of iTunes

 

 

stressmachine1.hatenablog.com

stressmachine1.hatenablog.com

 

ー 終 ー

 

アンダーソンズのメッシュベルト、ビームス・シップスのパンツ

はじめに

一応冬休みというタイミングもあってちょこちょこ買い物をしております。

 

本題①:アンダーソンズのメッシュベルト

週末のカジュアルウェアにどの様なベルトを合わせるか。

 

なかなか難しいところではあります。

 

TPOによってはあんまりカジュアル過ぎてもというのもありますし、かと言って仕事のベルトをそのまましていますという訳にもいかないですし。

 

そんな時、個人的にはメッシュベルトはなかなか便利な存在だと思っています。

 

これまた最近はオフ用のベルトを全く買っておらず、ハリウッドランチマーケットでおそらく15年くらい前に買ったベルトを未だにしておりました。

 

f:id:stressmachine1:20220103163023j:image

 

↑手前のものです。

 

奥の左も相当前のものですが、今でもビームスで売っている定番のものになります。価格も安かった記憶があります。少しカジュアル度を抑えたい時にしていましたが、バックルがでかいので妻に「仮面ライダーに変身するのか」と言われております。

 

右奥のものは流石に今では着用機会が減りました(「いつの時代か」感がぷんぷんする)。

 

ということで新たなベルトを買いました。

 

正確に言うと妻にプレゼントで買って貰いました。


f:id:stressmachine1:20220103163020j:image

 

アンダーゾンズのメッシュベルトです。


f:id:stressmachine1:20220103163007j:image

 

阪急メンズ東京にありました。

 

これ、めちゃくちゃ気に入っています。

 

何が良いって一つはきっちり色が塗られているところです。

 

メッシュベルトって脇の部分に革の元の色が見えたりすると途端にラフな感じになったりするのですよね。

 

今回は少しシックなものが欲しかったので、塗りがしっかりとしているこれを選びました。


f:id:stressmachine1:20220103163005j:image

 

もう一つは、少し幅広なところです。約3cmあります。

 

細身のベルトもそれはそれで良いところがあり、カッコいいとも思うのですが、あまり細いと女性ものっぽくなるので着こなすのにそれなりのテクが必要かと(僕にはその自信が無い)。

 

これは総じてハイクオリティでなかなか良い品だと思います。

 

本題②:ビームスとシップスのパンツ

気付いたら秋冬のプライベートで着るボトムスがデニムしかない状態になっていました。

 

「買えばいいじゃん」という話ではあるのですが、なかなかこれはと思うものも無かったのですよね。じっくり見る時間も今ひとつなく(言い訳)。

 

これは冬休み中に買うしかないということで一着ビームスで購入しました。


f:id:stressmachine1:20220103163017j:image

 

定番の細身なチノパンと同じシルエット。写真では分かり難いですがかなり細いです。

 

f:id:stressmachine1:20220103163012j:image

 

生地は日本製だけど生産は中国。

 

ウールで言うところのメルトンの様な生地です。

 


f:id:stressmachine1:20220103163026j:image

 

セール時期ということもあり、会員限定の3割引で買うことが出来ました。

 

この細いながらもストレッチが物凄く効いていてとても良いのですが、履いた初日に膝が出ました・・・(苦笑)。

 

イケメンの定員さんが「膝は出るけど洗うと元に戻ります」と確かに言っていた。それにしてもこんなに早く出るとは。

 

あまり気にしない人なら良いですけどね。

 

更にネットでもグレーのパンツを買いました。


f:id:stressmachine1:20220103163010j:image

 

こちらはシップス。

 

素材はウールです。


f:id:stressmachine1:20220103163015j:image

 

こちらはクリースが入っていて軽いビジネスでも使えそうです。

 

これも3割引で買えました。

 

ネットで購入もサイズ感は問題なし(ホッ)。

 

これにて「秋冬デニムしかない状態」は解消されました。

 

本日の3曲

DnBを聴こうと思うのは僕的には元気が出てきた証拠かも。まだまだ仕事のチャレンジは続きますが。

Dubplate

Dubplate

  • Wots My Code
  • エレクトロニック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

Autumn (Commix Remix)

Autumn (Commix Remix)

  • DJ Die
  • ダンス
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

Be True

Be True

  • provided courtesy of iTunes

 

ー 終 ー

男のカジュアル靴 = ど定番 = パラブーツ 「シャンボード」

はじめに

このブログも日記的感覚で細々とやっていましたが、仕事に忙殺され、しばらく何も書く気が起きませんでした。

 

実質メンタル状態でしたね。仕事を休んだわけでも何でもないのですが。そこら辺はまた機会を見つけながら書いてみたいと思います。

 

本題:パラブーツのシャンボードを購入

今日は男のカジュアル靴の話です。

 

週末に履く靴って男の場合結構難しくないですか?

 

平日は仕事なのでドレスシューズですが、週末はスニーカーばかりになってしまいます。

 

でも、「流石にスニーカーはちょっとな」という様なコーディネートだったり場所だったりする時はどうすれば良いのか。

 

僕はこの15年近く、ハワイで買ったグッチのビットモカシンで凌いで来ました。

 

f:id:stressmachine1:20211230124431j:image

 

当時は600ドルくらいでこれが買えたのです!価格が高騰している今では信じられません。

 

他にも買ったりしたカジュアル靴もあるにはあるのですが、あまり気に入らず、長続きしませんでした。

 

更に、このビットモカシンよりはもう一段カジュアルで冬場も履けるものが欲しかった。

 

そして、ついにこの度思い切って買いました!

 

男性の靴としては超ど定番とも言えるパラブーツです。

 

モデルはミカエルとシャンボードの間で死ぬほど迷い、お店で2回ずつ履かせてもらった結果、シャンボードにしました(妻と娘もこちらを推した)。

f:id:stressmachine1:20211230124425j:image

 

色もど定番のNoir色(黒)。

 

分厚いラバーソールで普段履いているスニーカーと比べれば格段に重いのですが、しっかりとしたフィット感があり、履き心地はとても良いです。


f:id:stressmachine1:20211230124434j:image

 

革の質感はもちろんのこと、随所に品質の良さを感じます。

 

丁寧に扱えば長い間相棒となってくれそう。


f:id:stressmachine1:20211230124428j:image

 

経年の変化も楽しみです。

 

しかし、何年越しで買えたのだろうという感じです。

 

欲しいものはいつか手に入るを実感しました(もっと早く手に入ると良いのだけど・・・)。

 

値段は税込71,500円。決して安くはありません。ミカエルもいつかは(そう遠からず)。

 

でも次はビジネスシューズを補充しないと・・・

 

本日の一曲

こういうミニマルながらもセンスと雰囲気が光るテクノはツボです。

A Thousand Nights

A Thousand Nights

  • Gregor Tresher
  • エレクトロニック
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

休日の一幕

この冬休みは沖縄に行こうと思っていました。家族とも長らく旅行というものをしていないので。

 

しかし、オミクロンの状況を考えるとリスキーとの結論に至り、結果申し訳ないながらも全てキャンセルをして都内のホテルで旅行気分を味わうことにしました。

 

一泊はお台場で、もう一泊は汐留で。

 

お台場では夜景を見ながらデックス東京にある玉寿司で食べ放題を。

 

f:id:stressmachine1:20211230194707j:image

 

小ぶりなので結構な数食べられます。


f:id:stressmachine1:20211230194704j:image

 

こういうちょっとした家族との幸せもいいなと。

 

ただ外に泊まるだけでも気分が変わったりするものですね。

 

ー 終 ー

 

ザネラートのナイロン製ポスティーナとiPad Pro 11インチ

はじめに

どうもです。

 

仕事で「ちょっと」というか「かなり」疲れています。

 

「量」というよりは「質」というか「内容」。

 

なかなかスパッとしたアイディアが生まれてこない。

 

しかし、時は過ぎていく。正に時間との闘い。

 

「仕事する→家でお酒飲みながらYou Tube観る→寝る」の繰り返し。

 

コロナ禍だからストレス発散法もなかなか無いという。

 

まぁ、それも言い訳ですな。

 

楽しめる人はどんな時でも楽しめる・・・はず。

 

本題①:ザネラートのナイロン製ポスティー

そんなことを言いながら買い物はちょこちょこしてるんすよ。

 

これは高島屋のセールで買ったザネラートのポスティーナ。

 

f:id:stressmachine1:20210725201530j:image

 

郵便配達屋さんの鞄に着想を得ているから「ポスティーナ」という名前なんですな。

 

ザネラートの代名詞とも言えるモデルです(僕の知る限り)。

 

f:id:stressmachine1:20210725201809j:image

 

高島屋で最後の一つを50%オフで買いました。税込で4万円ちょっと。安い。

 

これ、ポスティーナ定番の革でもなく、ザネラートの有名なトートバッグの塩化ビニールでもなく、ナイロンの生地なのですよね。

 

ちょっと珍しい。

 

ザネラートって販売チャネル毎に別注モデルの様なものを出している。

 

なかなか賢い戦略と思います。

 

バーニーズでは同じ柄だけどトートの生地で作られたポスティーナがセールになっていました。

 

そちらの方がしっかりとしていて値段も高いです。

 

でも敢えてナイロンの方が軽くてカジュアルで普段使いもしやすいし良いかなと思いました。

 

最近は仕事もカジュアルOKになってきたので、その日のウェア次第では使えそう。

 

ザネラートのこの波の柄、個人的には結構好きです。

 

ポスティーナって取っ手がちょっと変な位置に付いているんですよね。

 

フラップの後ろの方なのです。

 

だから手で持つと凄くバランス悪いです。

 

僕は肩紐を一番短くして肩掛けにしています。

 

車に乗せた感じ。


f:id:stressmachine1:20210725201526j:image

 

PCとiPadを入れて。


f:id:stressmachine1:20210725201518j:image

 

夏場のゴルフなんかもこれで行っちゃおうかな。

 

もう普通に気に入っちゃっています。

 

本題②:iPad Pro 11インチ

新聞を電子版にしたので(今更かい!)、iPadを買いました。

 

これまでに買ったiPadはいつの間にか家族の物になりました・・・。 

 

ずっと欲しかったのですよね、自分用が。

 

手書きでノートとか取りたいし。

 

モデル的には正直僕なんかiPad Airでも十分なんですよね。

 

iPad AirもProと同じ狭額ベゼルになることが分かっていたので、新型Airが出た時点でそれにしようと思ったのですが・・・。

 

気付いたら最新のProを買っていました。


f:id:stressmachine1:20210725201656j:image

 

Proにした最大の理由は、実はAirとそこまで値段差が無かったことですね。

 

同じ記憶容量だと2万円も違いません。

 

それでいてProは、

  • M1チップ搭載(自分は多分その力を使わないであろうことを認識しつつも)
  • フレームレートが倍(手書きの追従性も高い→気づかないレベルではあるものの)
  • 画面の輝度が高い(これは嬉しい)
  • スピーカーが良く上下方向の両側に付いている(音楽好きには相当価値ある)
  • カメラが高性能(LiDAR搭載→僕はiPadで写真は撮らないけど)

 

正直僕的には2万円の価値は十分にあるかなと判断しました。

 

ケースはOtterのSymmetry 360 Elite。


f:id:stressmachine1:20210725201659j:image

 

純正のSmart Folioに比べて1,000円安い。Apple Storeで買えます。

 

裏にペタッと磁石で貼り付けるSmart Folio と違ってきちんと四隅を守ってくれる構造。これが決め手になりました。


f:id:stressmachine1:20210725201522j:image

 

なかなか質感もよろしい。


f:id:stressmachine1:20210725201653j:image

 

やはりあんまり安いケースにはしたくない(単なる見栄です)。

 

当然Apple Pencil(第二世代)も買いました。


f:id:stressmachine1:20210725201515j:image

 

iPadにキーボードはいらないタイプです(重くなるし、どうせPCあるし)。

 

保護フィルムは評判の良いこれ。


f:id:stressmachine1:20210725201534j:image

 

ザラザラし過ぎていないのでペン先の摩耗もそこまで気にならなそうだし、貼る事による画質低下もそこまで気にならないレベル(せっかくPro買って画質が曇った感じだとがっかりする)。

 

二ヶ月近く使ってもう快適極まりないです。

 

OtterのケースはApple Pencilも落ちにくい。


f:id:stressmachine1:20210725201537j:image

 

かつてiPad Mini (第二世代)で手書きの反応の遅さに閉口したのも今は昔。

 

これはもう本当に紙に書いているのと変わりません。

 

iPhone 12 Miniで雑誌を読んでいた不便さも解消されたし、DJアプリも使って楽しんでいるし、将棋アプリも大画面で出来るしで言う事なしですよ。

 

もっと高度な使い方もしたいけど。

 

とりあえず所有欲は完全に満たされています。

 

本日の一曲

Bandcampでディープハウスの楽曲を買うのがマイブームになっています。

 

iTunesでは買えないような更にマニアックなリリースに出会える。

 

フランスのレーベル「Houseum」系列が最近のお気に入りです。

 

 

 

本日の一本

Buffalo Trace蒸留所のブランドであるEagle Rare。

 

f:id:stressmachine1:20210725225849j:image

 

10年ものなのに価格は5千円以下。

 

味は絶品です。

 

適度な甘さとスパイシーさのバランスが素晴らしい。

 

チェリーやアプリコットの様な果物系の味わいも感じます(もちろん表現であって本当に入っているわけではありません)。

 

超お気に入り且つお勧めなバーボンです。

 

ー 終 ー

GUY ROVERのポロシャツ

 

本題: GUY ROVERのポロシャツを買う

前からと言っても、ちょっと前からではなく、もう数年以上も前から買おうか迷っていたのですが、ついに買いました、GUY ROVERのポロシャツ。

 

こいつです。

f:id:stressmachine1:20210607000512j:image

 

ユナイテッドアローズ別注です。

 

だもんでタグも通常のGUY ROVERとは違います。
f:id:stressmachine1:20210607000506j:image

 

LacosteとかFred PerryとかPolo Ralph Laurenとか、定番は色々ありますが、何故GUY ROVERが気になっていたかというと。

 

どれも単純な鹿子ではなく、独特な織の生地なのです。


f:id:stressmachine1:20210607000515j:image

 

そして、シャツのメーカーらしく襟の開きも立体的。


f:id:stressmachine1:20210607000502j:image

 

後ろもシャツの作りになっていて肩ヨークがあります。


f:id:stressmachine1:20210607000509j:image

 

ここは好き嫌いが分かれるところかもしれません。

 

この肩ヨークに依るところもあるのか、肩のシルエットはちょっと角張っています。

 

そこも好みが分かれそうな気がします。

 

今回このシャツを買うか少し考えたのは、かなり透け感のある生地だったこと。


f:id:stressmachine1:20210607000519j:image

 

完全に向こう側が見えています。

 

シャツを着た時にビー○クが分かるのを妻が極端に嫌うのでそこが心配。

 

でも、ピッタリし過ぎないサイズを選んで中にTシャツなどを着れば大丈夫です。

 

ボタンを含め、全てに上質感があり、少し上の年齢の方に合うポロシャツだと思います。

 

本日の一曲

 

最近Houseumというフランスのディープハウスのレーベルにハマっています。

 

ローテク、ローファイなサウンドでいいんですよねぇ。

 

この曲も最高過ぎる。SoundCloudでも聴けます。

 

 

なんか他にも書きたいけど、ストレスフルで書けなーい。

 

しばらく細切れで。

 

ー 終 ー