Wag

Life Curation = 自分好みに生活/人生(Life)を監修(Curate)する

KALDIで買える絶品たれとアサリ出汁の豚しゃぶ鍋

 

三河煎酒

 

我が家で欠かさない調味料、それは「煎酒」です。

 

f:id:stressmachine1:20200112142147j:image

 

KALDIで買えます。

 

kaldi-online.com

 

Kinki KidsのブンブブーンというTV番組でも絶賛されていました(自分たちもそれで知ったのですけどね)。

 

そんなに安くは無いのですが、これが

 

まぁ美味いのです

 

いや、本当に。

 

何かにつけて食べると、先ずは濃い鰹出汁のくっきりとした輪郭を感じ、その次に酒のアルコール分が鼻を抜け、それを追いかけるように梅の香が花を添えます。

 

無論、鰹と梅は黄金のコンビです。

 

正に何にでも合う万能調味料。

 

冷奴、納豆、温野菜、肉、焼き魚、TKG・・・凡そ思い浮かぶもの全てを生かすことの出来る素晴らしい味わい。

 

アサリ出汁の豚しゃぶ鍋

 

これは妻がテレビか雑誌かどこかで知り、見よう見まねで作ってみたもの。

 

鍋と言えば市販の鍋つゆも沢山あり、我が家でも色々と試し、決して否定するものではありませんが僕なりの結論としては

 

概して濃すぎる

 

です。

 

逆にそのジャンキーさを体が欲して使うことも当然あるとは思いますが、今は極力市販のつゆに頼らず鍋を食べるのが気分です。

 

f:id:stressmachine1:20200112142227j:plain

 

右端の方に見えますか?

 

アサリが。

 

これ、鍋底には塩抜きした2パック分のアサリが入っています。

 

昆布とアサリだけで取れた出汁が

 

最高

 

なのです。

 

アサリの魚介味が本当にいい仕事します。

 

あっ、ちょっとお酒も入れたかな?

 

具としては、水菜とエノキと豆腐を入れ、後は豚肉をしゃぶしゃぶするだけ。

 

今回はロースとバラの両方を用意しました。

 

煎酒には辛味調味料として柚子胡椒が良く合います。

 

f:id:stressmachine1:20200112142252j:plain

 

美味い!

 

これは間違いないです!

 

出汁用のアサリも食べてしまいます。

 

f:id:stressmachine1:20200112142231j:plain

 

日本酒なんか飲みながらだともうたまりません。

 

f:id:stressmachine1:20200112142237j:plain

 

KALDIとは関係無いですが、煎酒以外にポン酢もいいですね。

 

f:id:stressmachine1:20200112142246j:plain

 

この馬路村の赤キャップ、緑キャップより高いのですが、より多くの柚子が入っています。

 

最初はあまりの柚子感に若干引き気味だったのですが、慣れてくるともうポン酢はこれしかないという感じです。

 

柚子の味わいと香りがすんごいんですよ。

 

番外編

 

KALDIでこんな物見つけました。

 

f:id:stressmachine1:20200112142240j:image

 

あの明太子のかねふくが作った食べるラー油です。

 

魚卵大好き野郎としては見送ることが出来ませんでした。

 

実際にご飯に乗せて食べてみると・・・


f:id:stressmachine1:20200112142249j:image

 

いや、いいんですよ。

 

全然美味しく頂きましたよ。

 

でも、敢えて明太子とラー油を合わせる必要があるかなと。

 

好きな物を掛け合わせれば良い訳ではないのだなと学びました。

 

今日の一曲

 

ピアノバージョンです。こんな曲だったのですね、実は。

Happyend

Happyend

  • provided courtesy of iTunes

 

だって原曲はこんな感じなのです。

ハッピーエンド

ハッピーエンド

  • provided courtesy of iTunes

 

-----

 

stressmachine1.hatenablog.com

 

ー 終 ー

単なる記事の紹介なのですが(他社製品の感想を述べ合う企画ってちょっと凄い)

本当に単なる記事紹介ですみません。

 

ただ、これまでも似たようなものはあったのかもしれないですが(頭の隅ではあったような気もしていますが)、僕としては相当な新基軸と感じたので・・・。

 

GIZMODEが最近同じ分野の商品を出しているメーカーさんを集めて互いの製品に対する感想を訊くという記事を出しています。

 

www.gizmodo.jp

 

www.gizmodo.jp

 

www.gizmodo.jp

 

これってかなり新鮮ではないですか?

 

もちろん、みなさま大人なので貶しあいみたいな話にはなりません、当然。

 

むしろ微笑ましい褒め合いですね。

 

でも、それがメーカーさんの方々ならではの製品の特徴・キャラクターを上手く掴んだ褒め方でなのでなんかいいのですよ。

 

しかもかなり本音な感じも出ています。

 

こういうのを読んだ上で買ったらそれぞれの製品により愛着が沸きそう。

 

僕なんかは完全ワイヤレスでちょっといいのが欲しいと思っていたのですが、完全に混迷の度合いが増しました(結局Air Pods Proにしてしまいそうだけど)。

 

当初はSONYのWF-1000XM3が出てきて相当盛り上がっていたけど、今巷はAir Pods Pro一色な感じだし、でも、ノイキャン付いていないJabraもフィット感良さそうだし、Sennhieserのこだわりの音作りにも興味あるし、かつてイヤホンを所有したB&Oのブランド力・存在感も捨てがたい・・・、もう収集がつきません。

 

こういう製品に愛情を持っている方達の集まりって良いですね。

 

やはり最終的には愛です(寒)。

 

今後も続けて欲しい企画です。

 

本日の一曲

 

Chillの探究は続きます。

Broken Clouds

Broken Clouds

  • provided courtesy of iTunes

 

同じネタを使ったHiohopです。

Latitude -remix (feat. Five Deez)

Latitude -remix (feat. Five Deez)

  • Nujabes
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

元ネタです。

Clouds

Clouds

  • Gigi Masin
  • ダンス
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

ー 終 ー

 

高級ホテルで蟹

はじめに

 

蟹は東京にいると中々食べる機会が無いですね。

 

買おうと思っても滅茶苦茶高い。

 

普段の食卓の材料に7千円とか、はたまた1万円とか、そう簡単には出ません。

 

もちろん、お店で食べても値段とのバランスで納得出来るものは(都内では)そうそうありません。

 

子供の頃は北海道にいるお婆ちゃんが毛蟹を送ってくれました。子供心に本当に美味しかった。

 

ふるさと納税でタダ同然で調達するというのもありますが、返礼品の質は結構バラツキがあります。

 

更に今年我が家は確定申告が色々と面倒臭いところがあり、ふるさと納税は自重していたのです。

 

そんな時に新聞折り込みの六本木ヒルズの冊子でこれを見つけ、一も二もなく予約しました。

 

 

グランドハイアット東京のフレンチキッチンで蟹!

 

www.tokyo.grand.hyatt.co.jp

 

まだ行っていません・・・(汗)。

 

予約しただけです。

 

でも、2月に行ってから書いたのでは意味無いと思い・・・。

 

なんと信頼のグランドハイアット東京の「フレンチキッチン」で蟹がビュッフェ形式で食べられるという素晴らしい企画です。

 

しかも、6,800円+税、サで。

 

もちろん安くはないですよ。

 

しかし、フレンチキッチンで蟹の食べ放題(失礼、ビュッフェ)でこの値段なら十分納得がいきます。

 

しかも、妻が喜ぶ(最近妻の好きなフレンチキッチンに行っていない)、子供の中学受験のお疲れさん会にもなるということで我が家的には(勝手に、且つかなり私的に)一石三鳥なのです!

 

2月29日(土)までの様です。

 

最近はネットで簡単に予約出来るので本当に楽になりました。

 

美味しいといいなぁ。

 

本日の一曲

 

最近はChillのプレイリストを作成中です。癒しを求めているのかな。

Lost Touch

Lost Touch

  • Louf
  • エレクトロニック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

ー 終 ー 

ダメ夫の作る料理: 魚卵好きが正月用に数の子を仕込む。あと焼豚も

 

数の子

 

魚卵好きと一口に言ってもその中でも何が好きかは人それぞれでしょうな。

 

僕はもちろん魚卵は何でも好きですが、その中でも好きなのは

 

数の子

 

これに尽きます。

 

いや、最近ちょっと数の子最強神話も自分の中では揺らぎ始めているところがあるのも事実ではあるのですが、まだまだ数の子LOVEは失われていません。

 

何が好きかって、僕は小さな卵のプチプチとした食感が好きなのですよね。

 

だからトビ子も好きです。

 

数の子は集合体として固まっていてるので、それに加えて「カリッ」と「ポリッ」があるのが最高なのですよね。

 

昔は正月前ともなれば三箱も買ってしまったものですが、体調を気にする妻からストップがかかり、自分もようやく我に返って最近は自制した量を買う様になりました。

 

とは言いつつも既に今冬2パック目を購入しました。

 

f:id:stressmachine1:20191231183716j:image

 

OKストアで買った折子です。

 

僕は最近折子であることは気にする必要は無いと思っています。

 

写真では分かり難いのですが、折子と言いつつこれはかなり

 

ぶっとい

 

です。

 

やはり太い方が食べ応えがあっていいです。

 

折れてない細い物より僕は断然こちらを選びます。

 

そして、当然ですが先ずは塩抜きですね。


f:id:stressmachine1:20191231183724j:image

 

塩水で抜くのですが、太いのだと20時間以上は水を換えながら抜いた方が良いでしょう。

 

今回は24時間弱やりましたが丁度良かったです。

 

抜き過ぎると苦味が出てきて良く無いのですが、しょっぱ過ぎるのを食べるのも逆に辛いです。

 

そして、次に薄皮を剥きます。


f:id:stressmachine1:20191231183828j:image

 

これが手間がかかって少々厄介なところですね。

 

後は好みのタレに漬けるだけ。

 

出汁を使う人と使わない人の両方がいますが、僕はどちらかというと使わない派です。


f:id:stressmachine1:20191231183727j:image

 

酒と薄口醤油だけでも良いですが、そこにみりんを投入するのもありです。

 

今冬第一回目はみりんを使わなかったので、今回は使ってみました。

 

鍋でアルコールを少し飛ばした酒250CCに対して、薄口醤油50CC、みりん大さじ3程度でしたでしょうか。

 

概ね目分量です(適当!)。

 

一つ言えるのが、塩を抜く時間が短い時は塩分が大分残っているので醤油は少なめにして、塩をしっかりと抜いた時は少し醤油多めで良いと思います。

 

柚子皮を散らすともう最高です。

 

f:id:stressmachine1:20200101224545j:image

 

焼豚

 

ついでに焼豚も仕込みました。


f:id:stressmachine1:20191231183718j:image

 

これも作り方は適当です。

 

先ずはフライパンで焼き目を付けます。


f:id:stressmachine1:20191231183721j:image

 

次に紅茶豚の要領で、紅茶のティーバッグをお湯に入れて煮ます。


f:id:stressmachine1:20191231183712j:image

 

こんな感じですね。


f:id:stressmachine1:20191231183731j:image

 

次にこの時の煮汁に調味料と生姜スライスを何辺か入れて圧力鍋で更に煮ます。

 

調味料は、これまた適当ですが、煮汁400CCに対して、酒100CC、醤油大さじ4、みりん大さじ4、砂糖大さじ1という感じでしょうか。

 

甘いのが好きな人はもっと砂糖を足しても良いかもしれません。

 

今回僕は酒の一部を赤ワインで代替しました。


f:id:stressmachine1:20191231183752j:image

 

肉が全然浸かっていませんが、圧力鍋は水分が多過ぎると吹いて危険なのでこの位が良いです。

 

今回は弱火で1時間位煮ました。

 

仕上がりはこんな感じ


f:id:stressmachine1:20191231183709j:image
f:id:stressmachine1:20191231183749j:image

 

もも肉なので脂身は少ないです。

 

正直圧力鍋を使う必要は無いと思います。功罪あってもも肉だと切った時に崩れやすくなります。

 

それはそれでご飯に乗せてチャーシュー丼っぽくすると美味しくはあるのですが。

 

ただ普通に鍋に調味料を入れて落とし蓋をして煮るだけでも良いと思います。

 

いずれはダッチオーブンなどを使って煮ないで作るバージョンにチャレンジしてみたいです。

 

煮汁はタレとして使いますが、少ないとはいえ脂も入っているので濾すことを僕はお勧めします。

 

家で作れる物は少し作るものの、後はおせちは出来合いのもので済ますというお気軽な感じで正月を迎えます。

 

皆様良いお年を!

 

stressmachine1.hatenablog.com

  

本日の一曲

最近若手社員で結構80sが好きな人がいて驚きました。90年代生まれの人達に当時の音楽はどの様に聴こえるのか。

Don't Get Me Wrong

Don't Get Me Wrong

  • プリテンダーズ
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

ー 終 ー

リーマンのファミリー外食: 大阪焼肉・ホルモン ふたご に行ってみたら美味しかった

一足早く12月27日から休みに入りのんべんだらりと過ごしています。

 

ゴルフの練習に二回行った以外は運動もしていないのでブクブク太るのは必至な状況です。

 

本題に入る前に余談ですが、先日テレビを観ていたら元スマップの中居さんがダウンタウンの松本さんと出ていました(ワイドナショーだったかな)。

 

そこで中居さんが松本さんをいじるエピソードとして、いつも自宅では4千円位のウィスキーを飲んでいるのだけど、松本さんの家に飲みに行く時は8千円、1万円、1万2千円の高いウィスキーを飲みたいと思って持って行くのに松本さんはそれを棚にしまって4千円程度のウィスキーを出してくるという話をしていました(松本さんは「角」と言っていたので4千円より更に安いですね)。

 

なんかこの話を聞いてイイなと思いました。

 

おそらく芸能界で最も稼いでいるレンジにいるお二人。

 

そんな二人が普通の人が飲むのと変わらない価格のお酒を普段使いしているのが良いという意味ではなく、なんか大物になっても自分のライフスタイルや価値観が変わらないのがカッコイイなと。

 

別に趣味(や好き)で高級志向な人や元ZOZOの前澤さんの様にバブリーな人も、それはそれで良いと思うのですよね。

 

要するに自分のスタイルに正直な人が良く見えるのでしょう。

 

僕にとっては1番のストレス要因が(大概の人の様に、あるいはアドラーが全てのストレスの要因と主張する様に)「人間関係」だとすれば、2番目は「お金」だと思います。

 

お金という奴も要は考え方一つなので、ストレスを感じるのは未だに自分のスタイルが完成出来ていないからだろうと思います(まだまだ修行が足りない)。

 

人生お金は大事だけど、お金に縛られのも嫌ですもんね。

 

お金があろうが無かろうが自分の人生を生きられるのが最上と思います。

 

何か夢中になっていれば他のことはあまり気にならないはず。

 

そんな僕は今タリスカーハイボールを飲んでいます。

 

f:id:stressmachine1:20191231012956j:image

 

さて、ようやく過ぎる本題ですが、You Tubeでホルモンを観ていたら無性に食べたくなり、初めて「大阪焼肉・ホルモン ふたご」に行ってみました。

 

この店はもうあちこちで見かけますが、入ったことはありませんでした。

 

今や一大チェーンですね。

 

大阪となっていますが、どうも展開しているのは東京の会社の様です。HPを見る限り。

 

www.yakiniku-futago.com

 

もう本題に至るまで文字数を散々使ってしまったので、一気に結論から言います。

 

美味いです

 

僕はかなり気に入りました。

 

高級焼肉も良いのですが、ホルモンベースの焼肉屋さんも好きです。

 

そして、ホルモン屋さんって冷静に考えるとそんなに外れを経験したことがありません。

 

その様なことを加味してもここは良いです。

 

タン塩はかなり柔らかいです。

 

f:id:stressmachine1:20191231000954j:image

 

ホルモンの盛り合わせ。


f:id:stressmachine1:20191231000951j:image

 

ホルモンは基本ポン酢だれで食べます。

 

さっぱりいけるのが良いです。

 

左の焼肉のたれも甘くないのが新鮮でした。


f:id:stressmachine1:20191231000958j:image

 

カルビは脂の甘さが楽しめます。


f:id:stressmachine1:20191231000802j:image

 

鉄板一面に広がるハラミ(同じ様なカルビもあるのですが、この日はありませんでした)。


f:id:stressmachine1:20191231000754j:image

 

どのお肉も店員さんがチェックしてくれて焼くのを手伝ってくれます。


f:id:stressmachine1:20191231000741j:image

 

ライスにハラミを乗せてパクリ。上に乗せた半殺しキムチという名の激辛キムチが長浜ラーメンの激辛高菜の様で良いです。


f:id:stressmachine1:20191231000744j:image

 

ハツモトを追加で注文。


f:id:stressmachine1:20191231000750j:image

 

一口冷麺は小ぶりで丁度良い量。もちもちの麺が美味しかったです。


f:id:stressmachine1:20191231000948j:image

 

食べ終わると口直しの飲むヨーグルトが出てきます(飲んでしまった写真ですが・・・)。


f:id:stressmachine1:20191231000758j:image

 

こういうチェーンのお店が急拡大するとレインズ時代の○角の様に教育や質が追いつかないということがありますが、ここはこのままでいって欲しいです。

 

都内は殆ど主要な駅に店舗を出している感じですが、それでも目黒の店内はお客さんで一杯でした。

 

ホルモン好きの大人が楽しめるという意味で、同じ価格レベルでもここの方が○角よりは断然良いと個人的には思います。

 

そう言えば、いきなりステーキも急拡大の反動がかなりきちゃっている感じですね。

 

更に(脱線を続けると)ステーキではケネディの倒産ってのもありましたね。

 

やはり2,000円以上するステーキを日常的に食べるという習慣が日本人には無いのでしょうかね(というかアメリカ人にも無い気がします → 「俺、週に2〜3回はステーキだよ」ってアメリカ人に会ったことが無い。バーガーならいそうだけど )。

 

stressmachine1.hatenablog.com

 

本日の一曲

今日はビデオで。懐かし過ぎるAmigaや昔のAKAIサンプラーで曲を作っている人です。アーメンブレイクが気持ちいい。アーメンブレイクについてはその次のビデオをご参照下さい(英語ではありますが本当に秀逸な解説で、ブレイクビーツの全てが分かります)。

 

 

 

ー 終 ー

TAKEYAフラスクを貰う

妹家族とのクリスマスのプレゼント交換で貰いました。

 

TAKEYAフラスク

 

真夏のゴルフ用に前からお洒落な水筒が欲しかったのです。

 

真夏まではまだ相当に時間がありますが・・・。

 

梱包からして結構お洒落です。

 

f:id:stressmachine1:20191227122919j:image

 

これは0.94リットルで少し大きめのサイズです。

 

f:id:stressmachine1:20191227122931j:image

 

真夏のゴルフではこの位のサイズがあった方が良いかなと。

 

但し、サイズは色々細かく展開されています。

 

f:id:stressmachine1:20191227122943j:image

 

冷たい飲み物専用なので熱いのはダメです。

 

日本のメーカーのものなのに、海外でも受け入れられるカッコイイデザイン。日本人として嬉しくなります。

 

f:id:stressmachine1:20191227122956j:image

 

takeyaflask.com

 

タケヤ化学工業というのは大阪のメーカーさんの様なのですが、経営センスが良さそうに感じます(詳しいことは分からないので単なる直感です)。

 

いかにもスポーティーな飲み口。これもイイ。

 

f:id:stressmachine1:20191227123028j:image

 

真夏を迎えるのがちょっと楽しみになるのは不思議な感覚。

 

但し、ちょっと残念なのはアメリカの方が安そうなことです。

 

本国の方を安くしてくれたら良いのに〜。

 

そう言いつつ、早速使ってみました。真冬ですけど。

 

大好きなカルピスです(何故カルピス?)。

 

f:id:stressmachine1:20191227182703j:plain

 

4〜5時間経っても氷はちゃんと残っています。

 

f:id:stressmachine1:20191227183625j:plain

 

気温的に本当の意味でのテストにはならないですけどね。

 

本日の一曲

ドンスカな感じのを聴きたくなることがある。

10th Mudra

10th Mudra

  • Bryan Zentz
  • ダンス
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 

ー 終 ー

 

 

 

 

 

機嫌

妻は時々機嫌が悪くなる。

 

正確に言うと月の中のある時期だ。

 

男性である僕はそれがどれだけ辛くてイライラするものか本当のところは分からない。

 

でも女性にとっては大変なことは間違いないし、子育てもしていると尚更らしい。

 

だから僕も拙いながらもひたすら受け入れようとする。

 

もしかしたら結婚当初は僕もそこまで理解していなかったかもしれない。

 

でも長年の生活の中で少しは分かってきた。

 

罵詈雑言を浴びようが、家事を全てダメ出しされようが、基本的には受け入れる。時期が過ぎるのを待つ。

 

僕も決して立派な夫ではない。イライラの火に油を注いでしまうことも多々ある。

 

亭主関白も好きではない。家では全く威張りたくないのだ。

 

それでも朝からずっとグリグリやられていると理解はしていても我慢が効かなくなってくる時がある(一年に二回くらい → 器量が狭い)。

 

僕は家族の為に昼御飯を用意していた。

 

それもダメ出しされ、その後も「ちょっと目を離すとこれだから・・・」といった感じでチクチクされた。

 

僕もプチッときた。

 

「もういいよ」

 

家族皆んなで昼を食べた後、僕は短い時間部屋に籠もって息子を塾に送る時間まで待った。

 

車で息子を送ってもすぐに家に帰る気にはならなかった。

 

向こうもどうせ僕とはいたくないだろう。

 

そういう時期なのだ。

 

今週はクリスマスがある。

 

子供たちはNintendo Switchを欲しがっているが、長男は年明けに受験を控えている為、受験が終わってからサンタに届けて貰うことにした。

 

でもプレゼントが全くないのも可哀想なので、密かにお菓子のセットとプレゼントをそれぞれ買ってある。

 

24日の夜、それを枕元に置くのだ。

 

妻は新しい財布を欲しがっている。

 

でも、一緒に買いに行こうと言っても、「今はいい」となかなか行かない。

 

受験もあるのでそういう気にならないようだ。

 

かと言って僕が勝手に選んでしまうことも出来ない。あまたあるブランドから僕が選ぶのはリスクが高過ぎる。

 

僕は車で六本木ヒルズに向かった。

 

妻のワインのお供になりそうなお菓子とESTINATIONでHirotaka Jeweryの華奢なピアスを買った。

 

あまり高いものだと「自分で選べば良かった」となるし「じゃあ財布はいらない」ともなってしまう。

 

そして晩御飯の材料を買って帰った。鳥の水炊きにしようと考えた。

 

家に帰ったら妻と娘がいなかった。

 

怒りに任せてどこかに行ったかと思ったが、程なくして帰ってきた。

 

娘の友達とのクリスマスパーティーがあるので、そのプレゼントを買ってきたのだろう。

 

何故か晩御飯用に妻も僕と同様鶏肉とキャベツを買ってきていたが、僕の材料で水炊きを作った。

 

妻の機嫌はまだ完全には直っていない。

 

妻は毎晩娘と寝ているので娘用の長靴の形をしたプレゼント袋に妻への物も入れた。

 

「お財布券」も付けて。

 

これで機嫌が直るとも思っていないし、それはそれで良い。

 

順調にいっている時ほど色々と気付かなくて虎の尾を踏んでいることがきっと多いだろう。

 

たまには夫婦関係もピリッとした方が良いのかもしれない。

 

致命的なのは嫌だけど。

 

妻のトリセツ (講談社+α新書)

妻のトリセツ (講談社+α新書)

  • 作者:黒川 伊保子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/10/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

  

夫のトリセツ (講談社+α新書)

夫のトリセツ (講談社+α新書)

 

 

この二冊、あるあるのオンパレードだ。

 

ー 終 ー