リーマンの海外出張用コロコロ(トローリーバッグ)としてTUMIを一押しする「ある理由」

 

何故TUMIのトローリーが良いのか

 

海外出張する人は必ず持っていると言ってもよい機内持ち込み可能なトローリーバッグ。

 

f:id:stressmachine1:20180924120844j:plain

 

キャリーバッグとも言いますな。 

 

これまで100回以上は海外出張してきた僕がお勧めするのは、

 

定番のTUMI

 

です。

 

f:id:stressmachine1:20180924142851j:plain

 

何故色々ある中でTUMIを絶対的に勧めるかというと、

 

  • 信頼のブランドだから、とか
  • 丈夫だから、とか
  • カッコイイから

 

とかもあるけど、一番の理由は

 

ガーメントが付いているから

 

です。

 

約一週間の海外出張であれば、スーツケースで行かずに機内に持ち込めるトローリーで僕は済ませてしまう。

 

そこでガーメント機能が物凄い威力を発揮するのだ。

 

しかし、実はガーメントが付いているトローリーバッグは意外と少ない

 

僕的にはTUMIでもガーメントが付いていないとだめ

 

新旧モデルの比較もしながらTUMIのガーメント付きが何故良いかを説明したい。

 

バリスティックナイロンかシェルか

 

個人的に「そもそもTUMIと言えば」の丈夫なバリスティックナイロンが採用されたAlpha2モデルが好きです。

 

ここら辺はもう完全に好みに問題になるけれど、シェルタイプ(ハードケース)は割れが心配だし、Alpha2のブリーフケースとの組合せという意味でも同じ素材同士の方が見栄えが良い(と思う)。

 

f:id:stressmachine1:20180924201042j:plain

 

あとシェルタイプって、その名の通り貝が合わさった様な構造で、内部の収納が半分ずつの2室になりがちでしょ。

 

あれが使い難い。

 

もともとトローリーはコンパクトな収納スペースなのだから細かく区分けしない方が逆に柔軟性があって使いやすい。

 

でも、シェルタイプは構造上どうしても2室になりがちだ。

 

トローリーはやっぱり無駄な仕切りの無い1室が使いやすい。

 

f:id:stressmachine1:20180924172230j:plain

 

2輪か4輪か

 

これも好みの問題ではあるが、僕は2輪派

 

4輪ってバッグを立てたままでも転がせるから取り回しは良いのだけど、車輪のトラブル(破損)があるリスクが2輪より高いと思う。

 

仕事でガンガン移動する時のトラブルは最小化したいもの。

 

 

ハードに動くビジネスマンには2輪だ。

 

4輪だと立てて置いた時に傾斜があると転がっていってしまう問題もあるし。

 

TUMIのAlpha2のトローリー

 

僕は10年以上使ったものがいよいよ壊れてきたので、昨年現行モデルに新調した。

 

新旧比較も交えながらバリスティックナイロン製のAlpha2を紹介してみたい。

 

サイズ感

 


f:id:stressmachine1:20180924151321j:image

 

 撮影の角度も少しあるけど、明らかに新モデル(左)の方がコンパクトになっている。

 

これは功罪両方あるところ。

 

現行モデルの収納力はやっぱり落ちている。

 

一方、中距離旅客機など、オーバーヘッドの収納スペースがギリギリの場合はやはり現行モデルの方が安心で、確実に持ち込めるように配慮したのだと思う。

 

実際に狭い収納に入れてみた写真がこちら。

 

f:id:stressmachine1:20180924170158j:plain

 

余裕

 

ハンドル

 

ハンドルは太さが大分違う。

 

f:id:stressmachine1:20180924170649j:plain

 

旧モデル(右)の方が明らかに見た目頑丈だが、店員さん曰く軽量化のために細くなったのだそう。

 

ガーメント

 

ガーメントも軽量化のためにこんなに変わった。

 

旧モデル↓

 

f:id:stressmachine1:20180924171855j:plain

 

現行モデル↓

 
f:id:stressmachine1:20180923164553j:image

 

個人的には旧モデルのままにして欲しかった・・・。

 

でも、確かに軽量化のおかげで軽くなって取り回しは良くなった。

 

僕は軽さはあまり求めていないのだけどね。

 

あと、ハンガーは別売です。

 

やっぱりガーメント機能があると、実際に着ていく以外にもう一着スーツなどの上下のウェアを収納することが出来る。これが一週間以内の出張だと本当にデカい。

 

もちろんガーメントバッグを別に持っていくことも可能だが、余計な荷物が一つ増えてしまう。

 

出来ればブリーフケースとトローリーだけで行きたいもの。

 

その他

 

トローリーバッグはエクスパンダブル(つまり、マチが広がるもの)を持っていると尚良い。

 

出張先で凄く良いお土産を見つけたけど収納スペースが無い時に役立つ。

 

僕の場合、フィンランドmarimekkoやiittalaの食器を買ったときに助かった。

 

まとめ

 

価格は10万円以上するけど、丈夫で長く使えるから出張族には十分価値がある。

 

保証や修理を考えるとやはり正規店で買った方が安心。

 

アメリカに行く用事のある人は現地の正規店で買った方が少し安くなる(その時の為替レートにもよるけど)。

 

 

stressmachine1.hatenablog.com

 

 

ー 終 ―