Wag

Life Curation = 自分好みに生活/人生(Life)を監修(Curate)する

ダメ夫の作る料理: 鯛の兜煮

休みの日。

 

今年は殆ど予定無し。

 

家にいる。

 

料理作る頻度も高くなる。

 

別に偉ぶるほどの料理ではない。

 

でも出来る時に出来ることをやっておくことは重要。

 

家のことを一生懸命やるとより自由に遊びに行ける・・・

 

と所さんが言っている。

 

所ジョージの世田谷ベースVol.27 (NEKO MOOK)

所ジョージの世田谷ベースVol.27 (NEKO MOOK)

 

 

これって本当だね。

 

家のことを(というか家族のために何でも)一生懸命やっておくと快く遊びにも送り出してくれる。

 

めちゃんこ稼いで仕事以外もめちゃんこ楽しむ。

 

憧れるライフスタイルの一つだ。

 

何でも一生懸命やるって大事だね(僕なんて元々は一生懸命が苦手な方だったから)。

 

さて本題。

 

鯛の兜煮が大好きです。

 

10年くらい前、会社の副社長に連れて行って貰った和食屋で食べて、その美味さにいたく感動したのだ(何故かその和食屋は閑散としていたのだけど)。

 

頭(カシラ)も意外と食べるところが沢山ある。

 

しかもコラーゲンを含んだゼラチン質がふんだんで甘辛の煮汁と凄く合うんだ。

 

近所のお魚屋さんの次に好きな「魚力」で材料をみつけた。

 

f:id:stressmachine1:20190903200618j:plain

 

なんとそのお値段150円!

 

養殖ものではあるのだけどね(当たり前か)。

 

鯛については頑丈な鱗を根気よく剥がすことが大事だ。

 

f:id:stressmachine1:20190903200710j:image

(写真に変なのが入っちゃった)

 

手で触りながら鱗が取れているか出来るだけ丁寧に確認する。

 

裏側の血合いも手で洗い落として綺麗にする。

 

食べるところいっぱいあるでしょ。

 

f:id:stressmachine1:20190903200700j:image

 

初めてではないのだけど、作り方はこちらを参考にしました。

 

www.sirogohan.com

 

先ずは酒と水で煮る。生姜も何片か。そしてアクを取る。


f:id:stressmachine1:20190903200704j:image

 

先に酒でその後に醤油+砂糖となるのは遠い記憶を辿ると確か浸透圧の関係だったと思う。

 

その後調味料を入れて落し蓋(僕の場合はアルミホイル)をして煮続ける。


f:id:stressmachine1:20190903200654j:image

 

兜煮に関しては僕は味濃い目が好きなので調味料の分量を少し多めにしてある。

 

煮詰まってきたら煮汁を回しかけながらもう少し煮て完成。


f:id:stressmachine1:20190903200657j:image

 

美味。

 

白ご飯とのマッチングやばいわ。

 

骨と言う骨はしゃぶり尽くす。


食べつくした後の写真も載せようかと思いつつプリチーではないのでやめる。

 

好きな食べ物ランキングのかなり上位に入るな。

 

本日の一曲

イタリア人の曲で徹底的にチルする。

Fireflies

Fireflies

  • provided courtesy of iTunes

 

ー 終 ―