iPhone 12 mini: デカいの(XS Max)から再びコンパクトへ

 

本題(iPhone 12 購入)

スマホiPhone XS Maxを使っていましたが・・・

 

買ってしまいました。

 

iPhone 12 miniを!

 

昨年の11月発売ですから僕にしては早い飛びつきだと思います。

 

XS Maxで初めてAndroidからiPhoneに移ったという意味ではダイハードなiPhoneユーザーではなかったのですが、XS MaxですっかりiOSiOSアプリの虜になりました。

  

stressmachine1.hatenablog.com

 

一度は大画面を体験してみたいと思い選んだXS Maxですが・・・、いかんせん

 

重い!

 

デカいのもあるけど、何より

 

重い!

 

208gのボディは僕には重過ぎました。

 

僕は右利きなのにスマホ操作は左手でするのですが、長い時間操作していると腱鞘炎になるのでは無いかと心配になるくらい。

 

寝転んでXS Maxを使用している時、何回か顔に落とし痛打しました(笑)。

 

ウォーキングやゴルフでポケットに入れると短パンがずり落ちる感じがするし。

 

最近Arccos付きのゴルフクラブを買ったのでスマホは前ポケットに入れておく必要があり、XS Maxでは厳しいなというのもありました(Arccosについてはいつか語ります)。

 

f:id:stressmachine1:20210120204804j:image

 

そんな時、ガジェットライターを中心に各方面でiPhone 12 miniが絶賛されており(一方で売れていないとの噂もありますが)、本来スマホは長めに使う方の僕ではあるものの、衝動を抑えきれず、店頭で実機を確認することなく思わずAppleのサイトでポチってしまいました(まぁコロナ禍だから実店舗にも行き難いし)。

 

XS Maxをかなりの高額で下取りに出せるのも大きかった(下取りを考慮すると実質5万円以下で買えました)。

 

先ず驚いたのが、ポチった翌日に届くのですね・・・

 

早い!

 

僕の持っているXS Maxの箱と比べると(付属品が違うのもありますが)、大きさがこんなに違う。

 

f:id:stressmachine1:20210118203832j:image


開けました。

 

f:id:stressmachine1:20210119231441j:image

 

カラーはブラックです。

 

正直外装はiPhone 12 Proの方が高級感があって好きなのですけどね。

 

とりあえずminiの中でも一番落ち着いたブラックを。

 

Air Pods ProやJabra Elite 75tで使っているSpigenのケースやApple Watch SEとも合うので。

 

f:id:stressmachine1:20210120171045j:plain  

そして、サイズ感ですが、

 

小さい!

 

f:id:stressmachine1:20210120002222j:plain

 

勢い余って小さ過ぎるのを買ってしまったかと一瞬焦りました。

 

大昔のiPhoneの様な小ささです(勿論スクリーンは当時のものより大きい=5.4インチ)。

 

「これだから店頭で見ないとな〜、普通のiPhone 12で良かったかなぁ?」と後悔をしかけましたが、コンパクトさを求めて、躊躇する気持ちを無視して、ただ指の赴くままにポチッたことを思い出し、心を落ち着けました。

 

正直大画面に慣れすぎていたところもありますが、今時この小ささは凄いです。

 

しかも中身は少しだけProに劣るものの十分にハイスペック(頭脳部分は同じ)。

 

因みに手持ちのその他のスマホと比べるとこんな感じです。

 

f:id:stressmachine1:20210120004920j:plain

 

右からXS Max、その前に使っていたXperia Z5 Compact、今回買った12 mini、そして6s。

 

サイズ感では言えば6sよりも小さいがスクリーンは大きい。

 

5.4インチというのはひと昔前の8Plusとほぼ同じですからね。

 

そして、

 

軽い!

 

f:id:stressmachine1:20210120081513j:plain

 

133gなのでこれまでとは雲泥の差です。

 

全く苦にならない重量感。求めていたのは正にこれだよってな感じ。

 

僕は大手キャリアでは無いのでApple Watch SEはWiFiモデルなんですよね(休日にしか使わないけど)。

 

なので、スマホも同時に持ち歩かないと外では通話もインターネット接続も出来ないのでやっぱりこの軽さには有り難さを感じます(因みにdocomoユーザーの妻にプレゼントしたのはApple Watch Series 6のCelluarモデル+Hermes版。ウォッチだけで通話やストリーミングが出来るのは素直に羨ましい)。

 

今回12シリーズは外周が角張っています。ここは好みが分かれるところでしょう。

 

f:id:stressmachine1:20210120173507j:plain

 

記憶容量は128GBにしました。Apple製品は容量に対する値段差が激しいし、XS Maxも2年以上使って60GBも使わなかったので。

 

12 ProシリーズにはLiDARスキャナで暗部でも明るくて背景がボケる撮影が出来るとか望遠レンズが付いているとかカメラを中心に差別化要素があるけれど、基本的なマシン性能は変わらないので僕的には12 miniで十分と思います。

 

XS Maxのカメラですら使いこなせていなかったし、12 miniでもとても綺麗な写真が撮れるので先ずはこれで良い写真を撮ってから上を目指そうかなと。

 

そもそも暗闇で背景がボケるポートレート写真を撮りたくなるシチュエーションが僕にどれだけあるのか?

 

因みに今回買った12 miniで夜に撮影した写真です。

f:id:stressmachine1:20210201211718p:plain

右がナイトモードオンで左がオフです。

 

実際は左よりも数段暗かったのですが、ナイトモードオフでも相当明るく撮れます。

 

実際の暗さに近づけるためにはむしろ露出を絞らないといけないくらいで、12 miniのカメラで僕は満足です。
 

バッテリーのもちは確かに気になります。朝一に満充電の状態から使い始めて夕方(12時間位)には60%程度になっている感じ(但し、これは僕が最近やっているTwo Dotsというゲームがやたら消費するからの様で、やらなくなったらもう少しもちそう)。

 

小ささとのトレードオフだからバッテリーは多少仕方ないところもありますかね。

 

息子に買ったSHARP製のAquos Sense Liteは物凄く電池がもつのでiPhoneも丸二日くらいもつと良いのになと思います。

 

そしてGIZMODEの動画に刺激されて純正レザーケースも買ってしまいました。

 

f:id:stressmachine1:20210120172921j:plain

 

「純正ケースなんて高いだけ」とこれまでは思っていましたが、本体がカジュアルなのでケースで少し高級感を出そうかなと。

 

ペタッと丸いのを磁石で背面に貼り付けるマグセーフ充電にも対応しています。

 

f:id:stressmachine1:20210120174038j:plain

 

でも僕はマグセーフ充電は使いません。使うとレザーケースの表面にまるーく跡がつくみたいなのですよね。AppleのHPにも載っています。それって欠陥ではないの?

 

質感はなかなか良いです。

 

f:id:stressmachine1:20210120174513j:plain

 

アップルマークがエンボス加工されているのも良い。

 

但し、濡れた手で触る時とかは気になるし、ゴルフなどには向かないのでSpigenの樹脂製ケースも買いました。

 

f:id:stressmachine1:20210120175903j:plain


まとめると、iPhone 12 miniの僕的なファーストインプレッションはバッテリーが少し気になるものの

 

かなり良い

 

です。

 

大画面でYou Tubeの動画などを観たり、XS Maxの良さも堪能したのでかつての様に「デカいスマホの意味が分からん」とは全く思わないですが、今は自分の中でコンパクトさや軽さを求める気持ちが勝っています。

 

そういう意味では両極を経験して初めて判ることもありますね(下らない人生訓)。

 

凄く軽い大画面スマホが出たらまた考えることとして、しばらくはminiを愛用します。

 

参考までにGIZMODEの動画を。

 

 

 

本日の3曲

最近、90年代前半を懐かしむかの様にThe Shamenを聴いています。

 

当時はアシッドハウスやジャーマントランスなどが台頭してきてレイブシーンが盛り上がり、今や当たり前となったエレクトロニックミュージック隆盛の幕開け的な時代でした。

 

The Shamenはちょっと独特なテイストでメインストリームになり難い楽曲を作っていたのですが、Beatmastersによるリミックスでポップさが加わり大ヒットしました。

 

渋谷にThe Orbのライブを観に行った時に前座DJが爆音で「LSI」をかけていたのを思い出します(最高でした)。

 

私見ですが、アルバムとしては今回紹介する3曲が含まれる「Boss Drum(4th アルバム)」が圧倒的な良作で、後は彼らを有名にした「Move Any Mountain」が含まれる「En Tact(3rd アルバム)」を少し聴くくらい。

 

「Phorever People」と「Boss Drum」は実はアルバムバージョンの方が個人的には良いと思います(好みが分かれるところですが)。

 

フロントマンのMr. Cといい、おバカ感があるけどなんかいいんですよね。

 

L.S.I (Beat Edit)

L.S.I (Beat Edit)

  • シェイメン
  • ダンス
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 

Boss Drum (Shamen 7 Inch Edit)

Boss Drum (Shamen 7 Inch Edit)

  • シェイメン
  • エレクトロニック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

Phorever People (The Beatmasters Radio Mix)

Phorever People (The Beatmasters Radio Mix)

  • provided courtesy of iTunes

 

本日の一言

世の中決して絶好調では無いのに株価が上がっていますね。

 

持っている株の値段が上がるのは嬉しいけど、この顛末がどうなるのか気になります。

 

 ー 終 ー