バルバッコアでシュラスコのお持ち帰り

 

本題: バルバッコアのお持ち帰り

コロナで、更に緊急事態にもなって。楽しめることが本当少ないですよね。

 

まぁ結局「食べること」みたいになるのだけど、外食もあまり行けないですからね。

 

但し、内食もメニューを考えるのが大変で、妻のストレスも溜まるわけですよ。

 

そんな時、バルバッコアのテイクアウトはなかなか良いですよ。

 

http://barbacoa.jp/share/images/pdf/takeout_link.pdf

 

そもそもブラジル料理シュラスコって日本でなんでこんなに市民権を得たのか、不思議な気もします。

 

コロナ前は本当にいつも混んでいたものね。

 

日本人ってキャプテン翼ではないけどなんかブラジルに親近感があるみたい。

 

あんなに離れた国なのに。

 

勿論大勢の日本人が移民したというのもあるけど、それ以外の文化的な要素もありそう。

 

明るい国民性だし、食べ物も基本美味しいし、ボサノヴァの様な音楽文化もあるし。

 

僕も好きです、ブラジル。

 

シュラスコ屋を最初にメジャーな形で日本に持ち込んだのはおそらくコーヒーのUCCで、渋谷にバッカーナという大型店を開店しました。

 

しかし、バッカーナはその後様々な変遷があり、今は日本のシュラスコ界の頂点に君臨するのはバルバッコアですね(何をもってして頂点とするのかというのはありますが)。

 

本店はブラジルのサンパウロにあります。

 

そのバルバッコアのシュラスコセットBが4人家族には丁度良い感じ。

 

シュラスコは本来串刺しになった肉の塊をテーブルまで運んできてくれて、そこでスライスして貰ったものを食べるわけですが、テイクアウトではステーキ状態になっています。

 

これは最も人気があるであろう部位のピッカーニャ(イチボ)。


f:id:stressmachine1:20210503200307j:image

 

肉と脂のバランスが良いのですよね。

 

僕は食べ物が足りないのが異常なまでに嫌いなので、追加でピッカーニャをもう一つ頼みました。


f:id:stressmachine1:20210503200300j:image

 

アルカトラはランプ肉。


f:id:stressmachine1:20210503195947j:image

 

そして、サーロイン。


f:id:stressmachine1:20210503200319j:image

 

もっちりとしたチーズパンのポンジケージョ。


f:id:stressmachine1:20210503195957j:image

 

ミスドのポンデシリーズはこれから名前を取ったのでしょう。

 

定番の焼きパイナップル。


f:id:stressmachine1:20210503200314j:image

 

焼くことで甘みが増して酸味は弱まる。消化を助けてくれそう。

 

シュラスコは大体いつもソーセージとチキンから始まるのです。


f:id:stressmachine1:20210503212300j:image

 

僕はジューシーなチキンが好きです。


f:id:stressmachine1:20210503200310j:image

 

左上はシュラスコで最も一般的な玉ねぎとビネガーのソース。お肉をさっぱりと食べられます。

 

左下は醤油ベースのソース。

 

右上はドレッシング。

 

右下はブラジルのチリソース。

 

サラダもガッツリ付いてきます。お店だとサラダバーなのですが。


f:id:stressmachine1:20210503195938j:image

 

並べてみるとこんな感じ。


f:id:stressmachine1:20210503200326j:image

 

食べやすいように切る。


f:id:stressmachine1:20210503195943j:image

 

焼き加減はミディアムな感じですね。


f:id:stressmachine1:20210503200304j:image

 

ブラジルのパンは基本フランスパン系なので。

 

これはパン屋さんで買ってきましたが、ブラジル人も家でシュラスコの場合はお肉を挟んで食べたりします。


f:id:stressmachine1:20210503200323j:image

 

美味い。


f:id:stressmachine1:20210503195951j:image

 

お店で食べるのが勿論一番なのですけどね。

 

こんな感じで。

 

f:id:stressmachine1:20210504190608j:image
f:id:stressmachine1:20210504190612j:image

 

でも、赤身肉を十分に楽しめました。

 

本日のサブスク話: You Tube Premiumについて

ここからは毎度の余談なのですが、最近またサブスクも少し見直していて、あまり観ないAbemaプレミアムは解約しました。

 

その代わりというわけでもないのですが、You Tube Premiumに入会しました。

 

サブスクって入るのちょっと悔しいですが、これはいいですね。

 

1,180円の価値を感じます。

 

広告が無いって本当に快適です。

 

普通のYou Tubeチャンネルは当然のこと、音楽のミックスを再生する時なども広告で途切れず本当に良いです。

 

しかも、スマホでバックグラウンド再生もしてくれるので、You TubeでDJミックスを流しながら他のアプリを使うことも出来てしまいます。

 

最近はテレビより圧倒的にYou Tubeの方を観ていますから。

 

最近のサブスクの中では一番入って良かったと思います。

 

本日の一曲

ガツンといけるアッパーな曲。

Squelch

Squelch

  • TDR
  • エレクトロニック
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 

ー 終 ー